ごあいさつ

photomyface.jpg

はじめまして。

とがさわ整体の斗ヶ澤藍と申します。

 

整体と私について、少し自己紹介をさせていただきたいと思います。

整体を学び始めたのは、飲食店を開くために兄と移り住んだ小豆島で、友人から誘われて、軽い気持ちで参加した整体教室がきっかけでした。

飽き性で何も続いたことのなかった私がまさか、その後10年余りも勉強を続けているとは、恐らく当時の自分に言っても信じないと思います。

 

整体の魅力を言葉にすれば、道具も何も使わずに、手ひとつで体が変わっていくことの不思議や、治ろうとする力の奥深さ、体の変化が心にも影響する面白さなど、色々とありますが・・・

とにかく、「気持ちがいい」ということが、ずっと続けてこられた一番単純な理由かと思います。

整体教室では、ペアになってお互いの体で練習し合いますが、それがなんとも心地よくて、終わる頃にはすっかり体が楽になって、晴れやかな気持ちで帰れるのです。

 

実は、高校生の頃に、身近な人の死を経験して、自分自身も学生のときに一時、心の病気になり体調を崩しました。

幸いにして周りの家族や友人たちに助けられて、日常を取り戻しましたが、それ以来いつか「体や心の不調で苦しんでいる人が癒される場所」をつくりたいという想いを密かに抱いていました。

当時は、同じように人を元気にする力のある「飲食店」を考えていましたが、偶然の出会いから、結果的には「整体」によって、拙いながらもその想いが今形になっていると思います。

 

整体は、まさに体と心を健やかに保つための優れたツールです。

心と体は、良くも悪くも相互に影響し合っていますが、整体はその両面へと作用し、本来の健やかさを取り戻すきっかけをつくります。

 

現代の日本では、仕事、家事、育児、介護、学業・・・と、様々な役割を担い日々頑張りすぎて、疲弊している人がたくさんいます。

心身共に健康であれば、多少の踏ん張りもききますが、長いこと無理が続くと、どこかでバランスが崩れ、不調や病気といった形で現れます。

また、先天的・遺伝的な不調を抱えていたり、自分ではどうしようもない環境下で無理をしていたり、原因のわからない痛みに苦しんでいたり、頑張りたくても頑張れない状況に陥っていたりと、ひとの数だけ悩みがあります。

 

不調の最中では、その状態が一生続くかのように思えて不安になりますが、実際には体のことも心のことも、ちょっとしたことがきっかけで大きく変わっていきます。

 

整体は、「体は本来、自分で治る力を持っている」という前提のもとにあります。

それでも何かしらの原因からその働きがつかえてしまうことがあり、それを取り除くのが整体でするお手伝いです。

ただ症状を消すというのではなく、どうしてそうなっているのかを考えながら、ご自身の体や心、生活の仕方に向き合っていただくことで、不調が繰り返しにくい状態を目指します。

 

人としても整体師としても、まだまだ未熟ではありますが、生き方も整体も、学びを重ねながら、皆さまの体や心が辛い時に何か少しでもお役に立てれば幸いです。

 

2022年5月

とがさわ整体

斗ヶ澤 藍​