感染症予防

更新日:2020年2月16日



新型肺炎(新型コロナウイルス感染症)に関するニュースが、連日報道されていますね。

とうとうWHOが「緊急事態」を宣言しました。

日本でも感染者が数名出ており、不安な気持ちになられている方も多いと思います。


現在日本での感染者は14名とまだ少なく、尚且つ病院などで適切な対応がなされているため、感染の可能性は、今のところそれ程高くはなさそうです。

また致死率も現段階では、以前大流行したSARSやMARSと比べて、新型コロナウイルス感染症では低い数値となっています。


現時点では、過度に心配する必要はなさそうですが、まだ明らかになっていないことも多く、今後日本での感染がどの程度広まるのかも未知数です。


ということで今回は、整体の視点から、お勧めの感染症予防をご紹介したいと思います。


その前に・・・

一般的な予防法として「マスクの着用」があると思いますが、そのことについて少し書きます。

今、新型肺炎の感染拡大を受けて、ドラッグストアなどでは品切れが続出しているそうですね ^^;


でも、買えなかったとしても、気に病むことはありませんよ!

マスクの着用は、せきやくしゃみによる飛沫で「人にうつさないため」にはとても有効ですが、「人からうつらないため」の予防法としては・・・実は、効果は薄いのです。


「空中に浮遊しているウイルスの侵入を防ぐ」イメージで、マスクを着けている方が多いかと思います。


しかしコロナウイルスの感染は、

①飛沫感染(せきやくしゃみによる飛沫を介して感染する)

②接触感染(飛沫がモノに付着し、それを触れることで感染する)

で起こります。


せきやくしゃみによる飛沫は、水分を含んでおり粒が大きいため、空気中を漂うことなくすぐに床やモノの上に落ちていきます。

最大でも2メートル程しか飛びません。


飛沫感染と混同しやすいものに、「空気感染」という感染経路があります。

飛沫によって空気中に放出されたウイルスが、水分が蒸発して微粒子となり長時間にわたって浮遊し、それを吸い込むことで感染するというものです。

空気感染ですと、爆発的に感染が広がる恐れがあります。


この場合、マスクは必須アイテムと言えます。それも、微粒子となったウイルスはとても小さいので、顔にぴったりとフィットする高性能なマスクが必要になります。


ただし、これはあくまで麻疹や結核などの空気感染でうつる感染症の話です!

今回の新型肺炎においては、空気感染を心配する必要はないため、マスクの重要性はそれ程高くないのです。


もちろん感染者の方と至近距離で会話をするような、飛沫がかかる可能性がある場合は役立ちます。

今後感染者が激増した場合には、着用した方が安心かもしれません。


あと、風の冷たい日に顔包むと温かいとか、すっぴんを隠してくれるとか、何かと重宝しますが・・・マスクとしてはきっと心外な使用法ですね。笑


さて、ここからは整体的な感染症予防について、2つご紹介したいと思います。


その① 自律神経を整える


体を冷やさない、食べ過ぎない、適度な運動、ストレスを溜めない、良質な睡眠をとる・・・など、こんなときは当たり前のことを、真面目に実行しておくに限ります。


体を整えて自律神経がしっかり働くようにしておけば、例え感染しても、免疫が適切に働きウイルス退治をしてくれるので、命を奪われるという最悪の事態にならずに済みます。


結局、自分の体を確実に守ってくれるのは、ほかでもない自分の免疫なのです。


でも、この当たり前のことをするというのが、一番難しいですよね ^^;

自律神経の働きを高めるなら、ぜひ整体もご活用くださいね。


さて、もう少し具体的に実行しやすいのが、2つ目の対策です。


その② 冷たい水をこまめに飲む


これは、この時期の整体的健康法でもあります。

冬場は夏場と比べて、喉の渇きに気づきにくいために水分摂取が減り、体の水分が不足しがちです。

室内は暖房でカラカラ、外の空気も乾燥しているので、体はどんどん乾いてしまいます。


これが新型肺炎と何の関係があるのかというと・・・体の水分が不足すると、粘膜も乾燥してしまうのです。

目、鼻、口はウイルスの侵入経路ですが、普段はしめった粘膜がその侵入を水際で塞いでくれています。

お城で言えば、天守閣の周りを取り囲む外堀のようなもので、常に最前で外敵から体を守ってくれる存在です。


しかし、粘膜が乾いてくると、十分に機能が果たせなくなり、ウイルスが簡単に体内に侵入できる状態となってしまいます。

所謂、免疫力が低下している状態です。


・目が乾燥している

・鼻炎や花粉症がある

・気管支炎やぜんそくがある


こんな方は、粘膜の働きが弱っている可能性があります。


粘膜にしっかり働いてもらうためには、適切に水分摂取をして、潤った体でいることが大切です。


冬場は温かいお茶や白湯を飲んでいる方が多いですが、寒い冬でも年明け以降は、5度前後の冷たい水の方が体への吸収が良いと、整体では言います。


もちろんがぶがぶ飲めばあっという間に、尿となって体外に出てしまうので、土に水をゆっくり染み込ませるように、少しずつこまめに水を取ることで細胞に行き渡りやすくなります。


飲むべき総量は、体格やその日の行動、食事でも違うので一概には言えませんが、1リットル〜1.5リットル程度は必要かと思います。

わかりやすい目安は、尿の色です。

黄味の強い色になっていたら、水分不足の可能性大です。その場合、飲む量を増やしてみてください。


水分と一口に言っても、お茶やコーヒー、果物や野菜のジュース、牛乳、清涼飲料水など様々な美味しい飲み物がありますね。

でもそれらは、水分補給という点では、あくまでも脇役と思いましょう。

主役はいつでも、カフェインも糖分も含まれていない、ただの「水」がいいと思います。

一番安上がりで、その上しっかりと体を潤してくれるのですから、積極的に飲まない手はありません!


体が浮腫みやすい方、冷え性の方は、水分を控える傾向がありますが、むしろ積極的に取った方が循環がよくなり、改善します。


この時期、体の中では既に、春への準備が始まっています。

花粉症や倦怠感など、春はいつも不調が出やすい、という方は特に今のうちにしっかり体を潤しておくと、快適な体で新しい年度を迎えることができますよ。


感染症対策と春への体の準備、一石二鳥かつ簡単なこの方法・・・ぜひお試しくださいね ^^


過剰な心配や不安は、心理的ストレスとなり免疫力を低下させてしまいます。

新型肺炎のリスクを適切に捉え、自分に出来ることをした上で、心穏やかに過ごすことを私も心がけたいと思います。


ご予約はこちら



閲覧数:315回