秋の身体

更新日:2019年10月19日



夏が、去るのを惜しんでいるのでしょうか。

朝晩は涼しくなりましたが、日中はまだ夏のような日差しが続いていますね。

週明け頃からは、ようやく少し気温が下がるようです。


9月中少し期間が開いて来られた方の中には、夏の疲れを溜め込んだままのお体の方が結構いらっしゃいました。

最近の夏は、酷暑と強冷房のダブルパンチで、体に随分こたえますよね・・・!

原因箇所を調整して、スッキリしていただきました。


さて今日は、これから本番を迎える秋の体の変化と過ごし方の工夫について書いてみようと思います。


骨盤は、真夏に一番開いて、真冬に一番閉じた状態になります。

つまり秋は、夏の開いた状態から、冬に向けて徐々に骨盤が閉じていく季節です。


そうすると、どういう変化が起こるでしょう。


自律神経のバランスが、変わっていきます。

・交感神経=活動モード

・副交感神経=リラックスモード

このふたつの神経はシーソーのように一日の中でも、また季節によってもバランスが変わります。


骨盤の動きと合わせて、夏は副交感神経が優位に、そしてお盆を境に今度は年末に向けて段々と交感神経が優位に働くようになります。


だらりとしてやる気が起こりにくいのが夏。(最近はどこも冷房が効いていて、一昔前の夏の体とは状況が違っている面もありますが・・・)

ワクワクとして「何かしたい!」という気持ちが湧いてくるのが、秋の体です。


「スポーツの秋」「読書の秋」などと言うのは、涼しい気候のためだけでなく、骨盤が締まってきて体も意欲的になるからなのでしょう。


ただ、季節の変わり目でもある秋は、爽やかなイメージとは裏腹に、体にとって難しい時期でもあるのです。


・真冬よりも朝晩と日中の気温差が大きい(秋は一日の中で10度以上違うことも多い)

・昨日は真夏日のようだったのに、今日は肌寒い・・・といった日々の気温差が大きい

・台風が多く、気圧の変化が大きい


このように気候の変化が大きいときは、環境適応のために逐一自律神経のバランスを変動させなければならないので、体の負担が増えます

それでも整った状態で余裕のある体なら、きちんと変動に対応し元気に過ごすことができます。


しかし、体が疲労していたり、不調があったりする状態だと、オーバーワークとなり自律神経に支障をきたすことがあります。

自律神経は、様々な場面で体を正常に動かすための役割を担っているので、働きが低下すると、体の痛みや、皮膚のかゆみ、内臓の不具合などを招いてしまいます。


また、自律神経の乱れは、体だけでなく、心にも影響します

この季節のことばに、「秋の夜長」と言うのがあります。

一年で一番夜が長くなるのは、冬至の頃・・・なのに、どうして「冬の夜長」ではないのでしょう?


通常、夜になると副交感神経が優位になり、リラックスし眠気が訪れます。

しかし、自律神経が乱れ、夜になっても交感神経の働きが活発で体が緊張したままだと、脳の働きやホルモンバランスの影響で、気持ちが落ち込んだり、睡眠にトラブルが起こったりします。


「何かあった訳じゃないのに、なんだかモヤモヤ不安」

「ひつじが一匹、ひつじが二匹・・・ひつじが二千五百四匹、うーん、寝付けない!!」

「トイレでもないのに、夜中に目が覚める~」


秋には、こうしたことが起こりやすいので「夜が長く感じられて」そうした言葉が生まれたのかもしれませんね。

冬は逆に寒さが安定し、体の方も寒さに適した状態になるので、秋よりも自律神経は乱れにくく、心や眠りへの影響は限定的なのだと思います。


さて、それではそんな秋を心身共に健やかに過ごすためにはどうしたらよいでしょう。

ポイントは、「冷え」と「乾燥」に気をつけることです。


大きな気温差が、自律神経の乱れを招く・・・

となれば、逆にその気温差の影響をなるべく受けないように、寒さに気をつければよいのです。


一番大きく気温が変動するのは、寝ている間です。

夜寝るときにはまだ軽く汗ばむくらいでも、明け方ぐっと気温が下がり、夜中にかいた汗が体を冷やしてしまいます。


この時期は、布団を途中ではいでしまうことも多いので、寝るときは薄手の締め付けない靴を一枚履いておくとよいです。もちろん足元は10分丈のパジャマで!


それでも朝目が覚めたとき、「なんだか体が冷えたな~」と思ったときは、お湯の力を借りましょう。

もうお馴染みの整体流の足湯が、お手軽です。

もしくはアツアツの湯船を張って、全身ざぶんと短めに浸かるのもお勧めです。


それから、普段の服装にも気をつけます。

足の冷えは骨盤や背骨を通じて自律神経に大きく影響しますので、「夏場でも必ず靴下を1枚は履いてくださいね」とみなさんにお伝えしていますが、このくらいの時期になったら更に2枚履きをします。


職場ではどうしてもストッキング、という方はご自宅にいる間だけでも構いません。

高級な冷え取り専用靴下でなくていいので、普段の靴下を重ねて履くようにします。

そうすると、足の冷えが全然違うのがわかります。

慣れるまでは違和感があるかもしれませんが、2週間続ければ習慣になりますよ。


体が冷えて骨盤と後頭骨がカチカチになると、どうしても行動や思考が後ろ向きになりがちです。

冷えに気をつけて、自律神経の乱れをなるべく抑えることで、体の不調や心の不安感の起こりにくい体に保ちましょう!


そして、もう一つの秋に重要なのは、乾燥対策です。

・・・が、随分長くなってしまったので、こちらは次回のテーマ「インフルエンザと風邪」の回で詳しく書いていくことにします。


今年は例年より、少し紅葉が遅いみたいですね。

気象条件的に、鮮やかな色付きが期待できそうということで、どこに見に行こうかな~とワクワクしています。

どうぞ思い思いに、素敵な秋をお過ごしくださいね!


ご予約はこちら



閲覧数:103回