花粉症


今年の冬は、例年に比べても随分暖かかったですね。

昨日も、昼間の日差しはもう春のような、ぽかぽか陽気でした。


あちこちに色とりどりの花が咲き、心躍る季節がやって来ますが・・・

中には「春の訪れが恐ろしい」という方も、いらっしゃるでしょう。

そう、春と言えば「花粉症」の時期でもあります。


2017年の東京都の調査によると、都内のスギ花粉症の推定有病率は、なんと48.8%だそうです・・・ほぼ2人に1人!(驚)

ドラッグストアにも、春になると花粉症の薬や対策グッズがずらり並び、多くの方にとってとても身近なトラブルだということが伺えます。


・目がかゆくてたまらない、涙が止まらない

・くしゃみや鼻水が止まらない、鼻が詰まって息苦しい

・喉がイガイガする


こうなると、仕事や家事にも集中できませんよね。

症状が重い場合、シーズン前から薬を飲んで対策されている方も多い様です。


どうして今これ程、沢山の方が花粉症に悩まされているのでしょう?


花粉症の中でも多いスギの花粉症ですが、「戦後にスギの木が大量に植えられたこと」が患者増加の大きな要因と言われています。

木の増加と共に、風に乗って飛来する花粉の量が増加したから、という訳です。

近年では、黄砂やPM2.5、排気ガスなどの大気汚染も関係していると指摘されています。


確かに、原因物質が多くなる程、かかる人が多くなるのは自然なことです。

しかし、全く同じ環境の中で生活していても、症状の重い人、軽い人、全く何ともない人がいる・・・

ということは、花粉や大気汚染はあくまで要因であって、根本的な原因は「体にある」のではないでしょうか。


そう考えると、症状改善のためには、「花粉」を敵視してあれこれ対策するよりも、「自分の体を見直すこと」の方が重要なようです。


ここからは整体の視点で、花粉症改善のためにできることを考えてみたいと思います。


二宮式整体では、背骨や骨盤の調整を通して、自律神経が適切に働くように整えています。

「花粉症」も実は、自律神経の働きと密接な関係があります。


ざっくり言いますと、交感神経の働きが悪く、副交感神経の働きが優位になり過ぎているとき、体は、花粉症になりやすい状態になるのです。


副交感神経優位の状態では、白血球の中のリンパ球が増えて、免疫が過剰反応しやすくなります。

本来敵ではないはずの花粉を、異物と捉えて反応してしまうのですね。


交感神経(アクセルモード)⤵

副交感神経(リラックスモード)⤴


体がこうした状態になるのには、大きく3つの理由があります。


①季節


体では、春から夏にかけて、段々と副交感神経の働きが高まっていく一方で、優位だった交感神経の働きが控えめになります。

また、季節の変わり目は1日の中での気温差が大きいために、自律神経の乱れが起きやすい時期でもあります。


そのため春は、1年の中でも花粉症をはじめとしたアレルギー疾患が起こりやすい季節なのです。


②体質


元々持って生まれた体質や幼少期の育ち方によって、交感神経と副交感神経のどちらの働きが高まりやすいかに、個人差があります。


副交感神経が優位に働きやすいタイプは、花粉症をはじめとしたアレルギー疾患になりやすい傾向にあります。

穏やか・のんびり屋・行動が受動的・色白・運動があまり好きでない・食べるのが遅い・・・などの特徴が当てはまることが多いです。

(私はどちらかというとこのタイプです^^;)


しかし、①季節と②体質は、自分の力でどうこうできることではありませんね。

なりやすい時期や、なりやすいタイプの人は、そうでないときやそうでない人より、少し余分に「ならないための工夫」をしておく必要があります。


その「ならないための工夫」に関係してくるのが、3つ目の理由です。


③生活習慣


花粉症に関係する具体的な習慣は、ずばり・・・


・運動不足

・食べ過ぎ

・寝過ぎ


です。特に上記二つは、現代人には耳が痛いワードですね^^;

これらは、副交感神経優位の状態を作りやすい習慣です。


また「冷え」と「ストレス」は、どちらも一時的には交感神経の働きを強めますが、慢性的になると、交感神経が上手く機能しにくい状態を作る原因となります。


これらの習慣が複数重なったり、長期に渡ってその習慣が継続されたりすれば、花粉症になりやすく、また重症化しやすくもなります。


このような習慣は、当然背骨や骨盤の状態にも現れます。

花粉症の方のお体では、2つの特徴があります。

骨盤が硬く弾力がないこと、そして頸椎(首の骨)の2、3番目の椎骨のキワに硬直があることです。


このようなとき整体では、左の骨盤の開閉の動きを良くすることで、交感神経の働きを高めます。

また、目の症状は頸椎2番、鼻の症状は頸椎3番、喉にも症状があれば頸椎6番の骨の硬直を取り、迷走神経の過敏状態を解きます。


ここ1、2年でなった方や症状の軽い方は、症状の変化が比較的早く出やすいです。

逆に、もう何年も重度の花粉症に悩まされている・・・というような方は、やはりそれなりに根気強くお体を整えていく必要があります。


整体で、花粉症に関係している異常部分を正すことは1つの方法ですが、やはりそれと同時に、生活において「ならないための工夫」をすることが大切です。


□運動不足

⇒1駅分多めに歩くなど、体を動かすと骨盤が刺激され、自律神経の働きが良くなります。


□食べ過ぎ

⇒春は、冬に蓄えた余分なものを排泄する季節です。食べる量や、カロリー・栄養価が高すぎるものを控えめにすることで、副交感神経が過剰に働くのを防ぎます。


□寝過ぎ

⇒成人において7時間以上の睡眠、または二度寝・長時間の昼寝をするなどの習慣があると、副交感神経優位になりやすくなります。睡眠を少し短めにすると、眠りも深くなります。


□冷え

⇒寒暖差によって体が冷えると、自律神経が乱れやすくなります。靴下2枚以上の重ね履き、レギンスを履き、たまに足湯をして冷え取りをします。


目の疲労

⇒PC仕事などで目や頭を使い過ぎると、目に症状が強く出やすくなります。チンして熱くしたホットタオルを、目に当て冷めるまで置いておくと、緊張が緩みます。


これらの生活習慣は、他の多くの不調とも関係するものです。

ブログにも何度も書いているので「耳タコ」かもしれませんが、日々の行動の積み重ねというのは、本当に体に大きく影響することなので、何度でも言います!笑


ご自分でそうだなと思うものがあれば、数週間~ひと月程習慣を変えて、花粉症の症状を観察してみてくださいね。


整体に通われ始めた頃「毎年春は花粉症の薬が手放せない」とおっしゃっていた方が、定期的にお体を整えながら、生活の改善にも取り組まれて、昨年「全く薬を飲まずに生活できた」と嬉しいご報告をしてくださいました。


「花粉症は一度なると治ることはない」などと世間では言われていますが、体が変われば、自然と症状も治まっていきます。

辛い症状をお持ちの方も、ぜひ諦めないでくださいね!


整体で花粉症の調整をご希望の方は、一言お声がけください♡


ご予約はこちら




閲覧数:154回